男性看護師の転職は多い?

一昔前は「看護婦」と呼ばれた看護の仕事も、男性が増えるにつれその呼び方もできなくなり、「看護師」と名称が変わりました。
多くの医療機関では、男性の看護師がたくさん働いています。
男性看護師のメリットは、やはり女性よりも体力がある、ということです。
看護師の仕事は、入院患者がいる病院の場合、夜中もほとんど休めずに働くことになる夜勤体制を組んでいるものです。
もちろん、法律上の休憩時間はとれたとしても、夜中だから患者さんも眠っているから楽、ということはありません。
しかも、昼間の仕事と夜勤と、交代制で行いますから、体調を維持していくことだけでも大変です。
ですから、男性看護師の体力は非常にありがたいものなのですが、そうは言ってもやはり看護の世界はまだまだ女性が多いのが現状。
女性が多い職場というのは、何かと問題も多くあります。
そんな中で、男性看護師が患者さんに向き合って仕事をしていくのは、本当にストレスが多いと言われています。
ですから、男性看護師の転職も多いのが現状です。
ただ、女性看護師と比べた時にダントツに多いという訳ではなさそうですね。