カードローン審査に落ちる理由

カードローンの審査に落ちる理由の一番多いものは、融資限度額が設定できないほど他の消費者金融などでお金を借りていることです。
つまり、債務が多くなっているため現状以上の貸付をしても返済できないだろうと判断がされてしまうわけです。
もちろん貸金業法の融資制限もありますが、返済できない人にお金を貸す金融機関はありません。
このような事態に追い込まれる原因は、借りたまま返済を怠っていたからです。
カードローンは利便性がいい代わりに利率が高いローン商品です。
繰上返済などの方法で借入残高を減らさないと利息が膨れ上がり、返済が厳しくなります。
限度額オーバーでは貸してくれませんから、他の消費者金融で借入をお願いしても借りることができないという悪循環になるのです。