住宅ローンの金利を比較しない人はどうなる?

住宅ローンを組む時に金利を気にしている人は多いのですが、自分の主観や友達の話を聞いたくらいで決めている人が中にはいます。
つまり十分に比較していないという事です。
これはちょっと問題であり、十分に比べないと本当に金利つまり利息が低い所が分からなかったりで後の返済額で損をしてしまう可能性が高いです。
料金が低いのならそこまで大きな差になりませんが、住宅は何千万もするのでそれだけ利息も高くなってしまうという事でしっかり比較する事がうまく住宅を購入するということになります。
高いものは慎重に購入するという事をきちんと意識していくべきです。
比較といってもインターネットなどで調べれば簡単ですし、そこまで手間はかからないです。
お金の面で損をする方が経済的にも気持ち的にも痛い事ですので自分の主観だけで住宅ローンを考えないで行っていきます。
住宅関係の友達がいればどこがお勧めなのかも聞いてみると良いですし、参考になります。