リフォームローンの時期

リフォームローンを返済していく年数は、リフォームの規模によって様々。
ただ、リフォームローンを組むまでの年数には、共通点があります。
戸建ての場合を例にとります。
まず新築から10年目。
外部木部の腐食が始まります。
シロアリ被害、給湯器の故障や不具合、浴室に面した洗面所や床下地の腐食も始まっているかもしれません。
この年数のうちに、すかさずメンテナンスをすれば、その後の大掛かりなリフォームを避けられます。
次に、15年から築20年程度。
屋根の劣化と内部腐食による雨漏り、給排水管の劣化による水漏れ、そして外壁には、いよいよ目に見えるひびも入ります。
最後に、築20年以降。
この年数になると、コンクリート基礎にクラック、という構造部分の劣化が進んでしまっています。