整形手術が小顔になれる方法の一つとして数えられています。最後の手段なんてイメージが美容整形にはありますが、最近ではイメージも変わってきているようです。美容整形で小顔になれる方法は、手術的なものと顔にメスを入れないプチ整形的なものに分かれます。手術的なものでは、えらの骨を削る方法と顔の周りの脂肪を吸引する方法が主流です。顔を形成する根本的なな部分に手を入れるわけですから、確実に小顔になることができます。問題は整形の値段でしょう。

顔の脂肪吸引で相場は20万~30万円くらいからです。えらの骨を削って小顔になるという場合は、手術費用に100万円かかることもあります。永久的な変化であり、かつ大幅な変化となりますので、相応の覚悟が求められます。顔にメスを入れなくても小顔になれるプチ整形は最近人気で、タレントや女優さんなんかも気軽にやっているそうです。

ボトックス注入といわれているこの方法は、顔にボツリヌス菌由来の薬剤を注入することで、顔の筋肉に影響を与え、小顔になれるという方法です。ボツリヌス菌はもともとは食中毒の原因となる菌の一つで、美容整形では顔のしわを取るためによく使われる薬剤です。小顔になれる方法としてボトックスが人気があるのは、手術に比べて安く利用できることがあります。低予算で小顔になりたい人は、プチ整形がいいのではないでしょうか。

関連ページ